さあ、三和音四和音についてお話ししました。

「1度+3度+5度」からなる三和音、それに7度(または6度)の音を加えて「1度+3度+5度+(6度 or 7度)」となったものが四和音でしたね。

四和音に、さらに音を加えたものがテンションコードです。

加える音をテンションノートといい、ルートから数えて9度、11度、13度です。
構成でいうと「1度+3度+5度+(6度 or 7度)+(9度 or 11度 or 13度)」となります。

9度、11度、13度は、単独でのみ四和音に加えられてテンションコードになるのではなく、例えばサーティーンス(13度)というコードの場合などは9度、11度を加えて「1度+3度+5度+7度+9度+11度+13度」とすることもあります。
ですが、ギターの場合には押弦に使える指が4本(もしくは5本)しかないため、9度と11度を省略して「1度+3度+5度+7度+13度」というようなフォームで弾いたりします。

再びラーメンに例えていうなら、出てきたラーメン(三和音)にコショウ(四つ目の音)を少しまぶしていい味(四和音)になりましたが、「できたらもう少々パンチが欲しい!」という時に豆板醤(トウバンジャン)を盛り込んだりしますね。
この豆板醤がテンションノートです。

テンション(緊張感)とはよく言ったもので、これを加えるとかなり強力な響きのコードになります。

では、ルート(完全1度)をCで考えてみましょう。

代表的なテンションコード

ナインス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+長9度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、長9度であるDで構成されるこのコードはCナインスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C9」「C7(9)」です。

フラットナインス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+短9度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、短9度であるD♭で構成されるこのコードはCフラットナインスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C7-9」「C7(♭9)」です。

シャープナインス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+増9度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、増9度であるD#で構成されるこのコードはCシャープナインスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C7+9」「C7(#9)」です。

イレブンス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+完全11度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、完全11度であるFで構成されるこのコードはCイレブンスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C11」「C7(11)」です。

シャープイレブンス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+増11度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、増11度であるF#で構成されるこのコードはCシャープイレブンスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C7(#11)」です。

サーティーンス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+長13度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、長13度であるAで構成されるこのコードはCサーティーンスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C13」「C7(13)」です。

フラットサーティーンス
完全1度+長3度+完全5度+短7度+短13度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、短7度であるB♭、短13度であるA♭で構成されるこのコードはCフラットサーティーンスとなります。
コードネームとして表記される場合は「C7(♭13)」です。

ちょっと特殊なナインスコード

「1度+3度+5度+(6度 or 7度)+(9度 or 11度 or 13度)」というテンションコードの定義からは外れてしまいますが、ここで「アドナインス」と「マイナーアドナインス」を紹介しましょう。

これらは、四和音の特徴である「1度+3度+5度+(6度 or 7度)」から7度(6度)を抜き、その代わりに9度を加えたというコードです。
したがって、「1度+3度+5度+9度」の4音が構成音となります。

アドナインス
完全1度+長3度+完全5度+長9度

ルートであるC、長3度であるE、完全5度であるG、長9度であるDで構成されるこのコードはCアドナインスとなります。
コードネームとして表記される場合は「Cadd9」です。

マイナーアドナインス
完全1度+短3度+完全5度+長9度

ルートであるC、短3度であるE♭、完全5度であるG、長9度であるDで構成されるこのコードはCマイナーアドナインスとなります。
コードネームとして表記される場合は「Cmadd9」です。