フェンダーで有名なテレキャスターの秘密に迫ります。
ストラトキャスターに負けず劣らずの人気を誇るギターですね。

フェンダー系のギターと言えばストラト!と言われるように、あまりにもストラトキャスターがポピュラー過ぎて、少なからずその影に隠れてしまっている感はありますが、実はテレキャスターはその独特なサウンドゆえ、好きな人にはたまらないギターなのです。

フェンダー(Fender)系の代表的ギター、テレキャスター(Telecaster)

テレキャスターの特徴

まずスペックに関して言うと、ネック材はメイプル、ボディ材はアッシュかアルダーが一般的です。
そしてピックアップは、フロントとリアにシングルコイルピックアップをマウントしてるのがポピュラーですね。

そのサウンドですが、ボリュームノブを少し絞ったときの高域特性の素晴らしさの一言でしょう。
ジャキーン!と言う歯切れの良い音にはしびれます。
そして、その独特なジャキジャキ感は、トゥワング(Twang)なんて表現されていますね。

テレキャスターを弾く歌い手といえば

このテレキャスターというギターは、ボーカリストが歌いながら弾くギター、というイメージがあります。
確かに山下達郎さんや、「森やん」の愛称で有名なTHE MODSの森山達也さんも歌いながらテレキャスターをかき鳴らしますし。

考えてみれば、テレキャスターを弾くギタリストにはカッティングの名手が多いです。

例えば山下達郎さん。
達郎さんはメチャクチャ歌がうまいのは周知の事実ですが、達郎さんのギターカッティングに関して言うと、日本でもトップクラスなのは間違いないと思います。

ぜひ、SPARKLE(アルバム FOR YOU の収録曲)のテーマカッティングを聴いてみてください。
ボリュームを上げて聴くと、あまりのカッコよさに本当に鳥肌が立ちます。

スタッカートと16分音符の音価の違いがわからないと、あんな風にGroovyには弾けないんですよ。
やはり天才なんですね、達郎さんは。

それと、やはりカッティングの名手と言えば、森やん(THE MODS)でしょう。
TWO PUNKS(アルバム FIGHT OR FLIGHT の収録曲)のレゲエカッティングは、もう絶品の一言。

レゲエっぽいカッティングというと「ン・チャー・ン・チャー」と弾いてしまうギタリストは多いのですが、森やんはしっかりと「ン・ン・チャッ・チャッ」と16分音符で弾いてくれています。

この16分音符の3つ目と4つ目を実音で、しかも歯切れよく弾くのはものすごく難しいんですよ。
僕は、タッピングやスウィープといったテクニカルプレイよりも、レゲエカッティングの方が難易度が高いと思っています。
なぜなら、右手と左手の完璧なコンビネーション、さらには完璧なミュートテクニック、そして身体で感じるグルーヴフィーリングがないと、これは弾けませんからね。

テレキャスターはバッキングだけでなくソロだってイケる!

さて、このようにカッティングに適していると思われがちなテレキャスターですが、ソロが弾けないかと言うと、決してそうではありません。
むしろ、バリバリした歪みとなるので、荒々しいソロにも非常にマッチするでしょう。

シングルコイルピックアップ×2のベーシックなテレキャスターでは、さすがにヘヴィメタルにはどうかと思いますが、派手なロックンロールやハードなブルースにはいいチョイスです。

また、テレキャスターのボディシェイプが好きで、でもハードロックやヘヴィメタルをプレイしたい、と言うことであれば、今どきはハムバッキングピックアップ×2のようにカスタマイズされたモデルもありますので、そういった現代的なタイプのテレキャスターを選ぶのもGoodですね。

まぁ、テレキャスターの場合、ボディ裏にコンター加工がされていないのが、しいて言えば弱点かな、と。
コンター加工というのは、人間の身体とギターのボディがフィットするようにボディをカットする加工法なんですが、ストラトキャスターにはされてあり、テレキャスターにはされていません。

最近のモデルにはコンター加工されているテレキャスターもあります。

このテレキャスターというギターは非常に長い歴史を持ち、あのストラトキャスターよりも古くから存在するギターです。

それに、弾き方によって変幻自在なサウンドを出すことができ色々なジャンルに対応できますので、そういった意味でも、もっとリスペクトされてもいいんじゃないかと思います。