今回も、ノンダイアトニックコードを使った基本的なコード進行についてお話しします。

ノンダイアトニックコードを使い、意図的に調性から外れさせることによって、コード進行に意外感や浮遊感を加えることができます。

サブドミナントマイナー

サブドミナントマイナー(SDM)は、本来メジャーコードであるサブドミナントコード(IV△7)をマイナーコード(IVm7)とするものです。

Cメジャーキーで考えると、サブドミナントコードはF△7です。
そして、これをマイナーコードにすると、Fm7となります。
このFm7がサブドミナントマイナーです。

考え方としては、CマイナーキーのサブドミナントコードはFm7(IVm7)ですが、これをCメジャーキーで一時的に使用するものとみなすことができます。

そういった解釈で導き出されるコードですから、メジャーキーにおいて、一瞬マイナーフィーリングを感じさせることができます。
また、そういう性格を持っていますので、特にバラードで耳にすることができるでしょう。

実際の楽曲の中では、F△7→Fm7→C△7(F△→Fm→C△)といった進行が、ポピュラーに使われています。
また、C△7→Fm7(I△7→IVm)という進行もよく使われます。

さらに、通常のサブドミナント・ドミナントケーデンスのようにドミナントコードへと進行することも可能です。
形はIVm7→V7→I△7となり、Cメジャーキーで言うと、Fm7→G7→C△7という進行です。

サブドミナントマイナーは、ちょっと物悲しいイメージになりますので、そういった楽曲にはぜひ使ってみてください。

クリシェ

同じコードが連続して数小節続くような場合、その進行は単調に聴こえてしまいます。

例えば、C△→C△→C△→C△と続くようなパターンですが、さすがにこれだけでは、退屈な印象になってしまいがちです。

そこで、それを防ぐために、そのコード内の特定の音を変化させていくという手法がよく使われますが、それをクリシェと言います。

クリシェには大きく分けて、1度(8度)の音が変化していくパターン、そして、5度の音が変化していくパターンがあります。

上記のC△→C△→C△→C△を基に、その例を挙げてみましょう。

C△→C△7→C7→C6
完全8度→長7度→短7度→長6度
完全8度の音を半音ずつ下行させることによって、なめらかで美しい流れになります。

C△→Caug→C6→C7
完全5度→増5度→長6度→短7度
これは、完全5度の音が半音ずつ上がるパターンです。

C△→Caug→C6→Caug
完全5度→増5度→長6度→増5度
これは上のパターンで長6度までは上がり、その後に半音戻るものです。

Am→Am△7→Am7→Am6
完全8度→長7度→短7度→長6度
これはマイナーコードのクリシェで、完全8度が半音ずつ下がるパターンです。

Am→Am+5→Am6→Am+5
完全5度→増5度→長6度→増5度
これはマイナーコードの完全5度の音が上がり、長6度の後に半音戻るというパターンです。

このようにクリシェには色々なバリエーションが考えられますので、その響きを確かめつつ色々なパターンを試してみてください。

実践的な使い方としては、同じメロディが連続して繰り返されているような場合、バックのコードをクリシェさせるのがいいでしょう。

メロディがシンプルな分、バックで流れるクリシェライン(変化する音の流れ)が強調され、より効果的です。
おいしいポイントに使うと、もうそれだけで「泣き」のフレーズが出来上がるくらい有用性があります。

クリシェはサブドミナントマイナーと同様、バラード等では非常に重宝するコード進行です。