これまでは、ダイアトニックコードを使った基本的なコード進行についてお話ししました。

ダイアトニックコードは、そのキーにおけるコードの中でも重要なもので、それらを使って基本的なコード進行を組み合わせれば一曲書けてしまいます。

ですが、もちろんそれだけでも素晴らしい楽曲を作ることができるとは言え、よほど考えて作りこんでいかないと単調になってしまいがちです。

そういった単調さを補うために、ダイアトニックコード以外のコード、つまりノンダイアトニックコードを使うことによって、そのコード進行に意外感や浮遊感を加え、コード進行に彩りを添えることも大事だと言えます。

そこで今回は、ノンダイアトニックコードを使うコード進行についてお話ししましょう。

セカンダリードミナント

セカンダリードミナントとは、次に来るダイアトニックコードを仮のトニックと見立てて、それに対してドミナントモーション(V→I)させるために置くコードです。
つまり、二次的なドミナントコードだと言えます。

例えば、Cメジャーキーで、C△7→Am7(I△7→VIm7)というコード進行について考えてみましょう。
本来はC△7がトニックコードですが、次に来るAm7を仮トニックと見立てて、それに対してドミナントモーションを起こすドミナントコードを考えてみます。
ドミナントモーションはV7→I△7という進行でしたね。

すると、そのコードはE7となりますが、このE7がセカンダリードミナントです。
そこで、さきほどのC△7→Am7にセカンダリードミナントであるE7を入れてみると、C△7→E7→Am7となります。

ギターの指板上で考えるとわかりやすいかも知れません。
5弦をIとすると、同フレットの6弦はVの関係になります。

例えば、Am7(5弦開放)を仮トニック(Im7)と見立てるなら、それにドミナントモーションを起こすE7(V7)は6弦開放ですね。

また、Dm7(5弦5フレット)を仮トニック(Im7)と見立てるなら、それにドミナントモーションを起こすA7(V7)は6弦5フレット)です。

ドミナントモーションにおける、この5弦と6弦の関係を覚えておいてください。

このようなセカンダリードミナントを使うことによって、それに結びつくダイアトニックコードを、一時的に違う調のトニックに聞かせることができます。
それにより、一時的に意外感や浮遊感を感じさせることができるのです。

一瞬、調性から外れる感覚がオシャレですね。

セカンダリードミナントは、色々なジャンルの色々な楽曲で聞くことができます。
コード進行としては、定番とも言えるものでしょう。

ですが、非常にカッコいい進行であるがゆえに、使いすぎると「おいしさ」が薄れてしまいますので、ホドホドに使うといいと思います。

ダブルドミナント(ドッペルドミナント)

セカンダリードミナントにおいて、本来のドミナントコード(V7)へと結びつくドミナントコード(II7)を、ダブルドミナント(DD)あるいはドッペルドミナントと言います。
簡単に言うと、ドミナントコードが2つなので、ダブルドミナントですね。

Cメジャーキーで考えてみましょう。

ドミナントコードはG7(V7)です。
そのG7へと結びつくセカンダリードミナントはD7です。
そして、このD7(II7)がダブルドミナントとなります。

G7→C△7というコード進行(ドミナントモーション)に対し、ダブルドミナントを加えるとD7→G7→C△7ですね。

このII7というコードはドミナントコード(V7)に結びつく以外にも、どう使っても、どこに配置しても大丈夫です。
そして、うまく使うとオシャレなポップ感が増します。
これも使いすぎはNGですが、オイシイ部分で使うと非常に効果的です。

ドミナントコードの分割

ドミナントコードはトゥーファイブに分割することができます。
トゥーファイブとはIIm7→V7という進行のことでしたね。

この分割を簡単に言うと、V7→I△7進行のV7を、IIm7→V7のように2つに分けてしまうということです。
言い換えると、V7の前にIIm7を置く、とも言えますね。

ですので、G7をトゥーファイブに分割すると、次のような進行になります。

■G7→C△7
  ↓
■(Dm7→G7)→C△7

ちょっとした小技ですが、これもまたコードの味付けとして有用性がありますので、ぜひ使ってみてください。