それでは、より実戦的に、今まで覚えた音程・度数をギターの指板上で当たってみましょう。

音程を指板上の6弦ルートで考えてみる

まず、6弦をルート(完全1度)とした音程図です。

音程 ギター指板 6弦2オクターブ

6弦上であれば、どのフレット、ポジションでもこの音列で大丈夫です。
3フレット(G)でも8フレット(C)でも、どこから始まっても必ず同じ配列になりますから。

どのフレットを始まりとしてもいいですから、その始まりの音を完全1度とし、そこから順に上の度数へと実際にギターで弾いてみてください。
始まりの音はともかくとして、「ドレミファソラシド」の音列になっていることがわかるでしょう。
この「ドレミファソラシド」の音列が音楽の基本です。

さて、ここでは2オクターブ分を表していますが、完全1度と完全8度は同じものとして考えましょう。
2オクターブを独立して考えるか、連続して考えるかの違いですので。

短3度
短3度は長3度が半音下がった音です。
また、長3度はメジャーサード、短3度はマイナーサードと呼ばれ、それぞれメジャーコードとマイナーコードを決定づける、特に重要な音です。
音程 ギター指板 6弦 短3度

増4度と減5度
増4度は完全4度が半音上がった音、減5度は完全5度が半音下がった音です。
増4度はオーギュメントフォース、減5度はフラットフィフスと呼ばれます。
なお、増4度と減5度は音程の考え方では別の音ですが、実際の音の高さは同じです。
音程 ギター指板 6弦 増4度

増5度
増5度は完全5度が半音上がった音で、オーギュメントコードのコードトーン(コードの構成音)です。
音程 ギター指板 6弦 増5度

短7度
短7度は長7度が半音下がった音で、セブンスコードのコードトーンです。
音程 ギター指板 6弦 短7度

テンションノートを指板上の6弦ルートで考えてみる

では、テンションノート(音)である9度、11度、13度を見てみましょう。

音程 ギター指板 6弦1オクターブ

短9度
短9度は長9度が半音下がった音で、フラットナインスコードのテンションノートです。
音程 ギター指板 6弦 短9度

増9度
増9度は長9度が半音上がった音で、シャープナインスコードのテンションノートです。
音程 ギター指板 6弦 増9度

増11度
増11度は完全11度が半音上がった音で、シャープイレブンスコードのテンションノートです。
音程 ギター指板 6弦 増11度

短13度
短13度は長13度が半音下がった音で、フラットサーティーンスコードのテンションノートです。
音程 ギター指板 6弦 短13度

音程を指板上の5弦ルートで考えてみる

では5弦ルートの場合はどうでしょうか。
6弦ルートの場合と、考え方はまったく同じです。

音程 ギター指板 5弦2オクターブ

短3度
音程 ギター指板 5弦 短3度

増4度と減5度
音程 ギター指板 5弦 増4度

増5度
音程 ギター指板 5弦 増5度

短7度
音程 ギター指板 5弦 短7度

テンションノートを指板上の5弦ルートで考えてみる

6弦ルートと同じように、5弦ルートでテンションノートを見てみましょう。

音程 ギター指板 5弦1オクターブ

短9度
音程 ギター指板 5弦 短9度

増9度
音程 ギター指板 5弦 増9度

増11度
音程 ギター指板 5弦 増11度

短13度
音程 ギター指板 5弦 短13度

音程の考え方によりコードを指板上で見つける

さて、ギターの指板上で色々な音程・度数のポジションがわかりました。

これらは、今後コード(和音)やスケールを理解するのに大きく役立ちます。
ですので、ぜひここで理解してください。

では試しに、シャープナインスのコードフォームを指板上で探してみましょう。
シャープナインスは、あのジミ・ヘンドリックスが使用して一気に有名になったコードで、ジミヘンコードなんて言われます。
かなり強烈な響きですね。

コードの構成音は後日解説しますが、シャープナインスのコードトーンは以下です。

完全1度(ルート)+長3度+完全5度+短7度+増9度

これを5弦ルートで考えてみるとこうなります。
音程 ギター指板 シャープナインス

ここで、完全5度の音がないことに気付くでしょう。

弦を押さえる指は最大で5本なので、特にテンションコードの場合などは、どうしても指が足りなくなります。
そこで特定の音を省略することになるわけです。

他の和音楽器との兼ね合い次第で何の音を省略してもいいのですが、メジャーとマイナーを決定する3度の音、そしてテンションノートは優先して押さえる方が無難だと思います。

場合によっては、メジャー感やマイナー感をぼかすために3度の音を抜く(オミット)こともある。

このように音程・度数を理解することによって、自分なりのコードフォームやスケールを作ることもできますので、ぜひともマスターしていただきたいと思います。