では、音程・度数の考え方の矛盾を解決する方法についてお話しします。

音程の冠の種類

まず1度ですが、Cを基準としたときに基準のCと相手のCがまったく同じ高さにある1度を完全1度と言います。
音程 冠の付け方 完全1度

CとDは2度の関係です。
この場合の音程差は全音1個、つまり1音になります。
このように、全音の音程差を持つ2度を長2度と言います。
音程 冠の付け方 長2度

CとEは3度の関係です。
この場合の音程差は全音2個、つまり2音になります。
このように、全音2個の音程差を持つ3度を長3度と言います。
音程 冠の付け方 長3度

CとFは4度の関係です。
この場合の音程差は全音2個と半音1個(E~F間が半音)、つまり2音半になります。
このように、2音半の音程差を持つ4度を完全4度といいます。
音程 冠の付け方 完全4度

CとGは5度の関係です。
この場合の音程差は全音3個と半音1個(E~F間が半音)、つまり3音半になります。
このように、3音半の音程差を持つ5度を完全5度といいます。
音程 冠の付け方 完全5度

CとAは6度の関係です。
この場合の音程差は全音4個と半音1個(E~F間が半音)、つまり4音半になります。
このように、4音半の音程差を持つ6度を長6度といいます。
音程 冠の付け方 長6度

CとBは7度の関係です。
この場合の音程差は全音5個と半音1個(E~F間が半音)、つまり5音半になります。
このように、5音半の音程差を持つ7度を長7度といいます。
音程 冠の付け方 長7度

Cと1オクターブ上のCは8度の関係です。
この場合の音程差は全音5個と半音2個(E~F間とB~C間が半音:半音+半音=全音)、つまり6音になります。
このように、6音の音程差を持つ8度を完全8度といいます。
音程 冠の付け方 完全8度

音程の冠のグループ分け

ここで、度数を2つのグループに分けてみましょう。

まず、完全と冠がつくグループ、そして、長と冠がつくグループです。

  • 完全のグループには1度、4度、5度、8度があります。
  • 長のグループには2度、3度、6度、7度があります。

この冠については、こういうものだと覚えてしまってください。

では、このグループはどこが違ってくるのでしょうか。

基準となる音と相手となる音、これら二つのどちらか、あるいは両方に#や♭といった変化記号がつくと音程差がせまくなったり広くなったりしますね。

例えば、C-Eの関係がC-E#となれば、音程差が半音分広くなります。
逆に、C-E♭であれば、音程差が半音分狭くなります。

この半音単位の音程差の変化にも名称があるのですが、各グループの違いはそこにあります。

完全の冠が付くグループ(1度、4度、5度、8度)で、完全(標準)の状態よりも半音せまくなった場合、という冠が付くことになります。
反対に半音広がった場合、それはという冠が付くようになります。
ただし、1度に関しては、その本来の音を基準とするため、半音下がった減(減1度)は存在しません。

長の冠が付くグループ(2度、3度、6度、7度)で、長(標準)の状態よりも半音せまくなった場合、という冠が付くことになります。
さらに、ここからもう半音せまくなると(全音分)、という冠が付くようになります。
ただし、2度に関しては、減になると全音分下がってしまうことになり、基準となる音と同じ高さになってしまうので、減(減2度)はありません。
また、長(標準)の状態よりも半音広くなった場合、という冠が付くことになります。

つまり、1度とか6度といった単純な度数表記ではなく、各々に冠を付けることによって、それぞれ独自の音程を表すことができます。

例えば、5度であっても、完全5度、減5度、増5度といったように、それが標準となる5度なのか、半音下がった5度なのか、あるいは半音上がった5度なのか、冠を付けることによって矛盾が解決されるのです。

では表にしてみましょう。

ここで、例えば増3度などは完全4度と同じ高さですので、実際には増3度を使わずに完全4度とする場合が多いです。

短が半音下がる 半音下がる 標準の度数 半音上がる
-  - 完全1度 増1度
- 短2度 長2度 増2度
減3度 短3度 長3度 増3度
- 減4度 完全4度 増4度
 - 減5度 完全5度 増5度
減6度 短6度 長6度 増6度
減7度 短7度 長7度 増7度
 - 減8度 完全8度 増8度