欲しかったギターを手に入れたら、まずはホクホク顔で弾き倒していくことでしょう。

それはそうですよね。
前から欲しかった、憧れのギタリストが弾いているギターのコピーモデルだったり、世界で一番カッコいいと思っているボディシェイプのギターだったりした場合は特にそうです。
それこそ、お風呂に入るとき以外は、ずっとそばに置いておきたいもの。

ですが、人間の欲求は果てしないものです。
もうこれ以上のギターはない!というくらいに全て完璧だと思っていても、ギターの腕が上達してきたり、音作りがうまくなってきたら、必ずと言っていいほど、それだけでは満足しなくなってくることでしょう。

もう少しパワーのある音にしたい

ピックガードを別の色にしたい

ペグをもっと精度のいいものにしたい

なんて、思うようになるのではないでしょうか。

さて、そこがエレキギターの素晴らしいところで、リプレイスメント(交換)用のギターパーツが非常に豊富に用意されています。

ピックアップを始め、ペグ、ナット、ブリッジなど、それこそギターを全て分解してバラされたパーツ、それら全てにリプレイスメント用パーツがあるくらいです。

音に対するリプレイスメントパーツ

まず、音を変えたい場合の、リプレイスメントパーツについて考えてみましょう。
これはピックアップのリプレイスメントが一番手っ取り早いですね。

例えば、マホガニーネック、マホガニーボディのギターに、もう少し高音域を加えたい場合、ハイ上がりのピックアップに交換してみる。

逆に、メイプルネック、スワンプアッシュボディのギターにもう少し低音域を加えたい場合、低域特性に優れたピックアップを乗せ替えてみる。

このように、現在のギターの音特性を変えたいなら、それに合わせたピックアップをマウントしてやれば、望んでいる音色を得られることでしょう。

とにかく、リプレイスメント用のピックアップの数たるや、もう数え切れないほどです。

なので、自分のギターの音の、どういったところに不満があるのかをしっかりと把握しておけば、それを解消する特性を持ったピックアップに交換してやればいいだけです。
ピックアップ選びも、これまたとにかく楽しいんですよね。

ルックスに対するリプレイスメントパーツ

次に、見栄えを変えたい場合のリプレイスメントパーツについて考えてみます。

僕がストラトキャスターによくやってしまうのが(完全に個人的な好み)、白ピックガードから黒ピックガードへのリプレイスメントです。

サンバーストの場合は、別に白ピックガードでもいいんですよ。

フェンダー(Fender)の人気ギター、ストラトキャスター(Stratocaster)

でも、ナチュラルカラーの場合は黒ピックガードがいいんですよね。
こういう感じ。

ストラトキャスター ナチュラル

でも、僕ならさらに、ここから黒ピックアップカバー、黒トレモロユニットはもちろん、舟形ジャックプレートも黒、ノブ類やビスまでオールブラックにします。
ささやかなこだわりです。

それはともかく、リプレイスメントして思うようなサウンドに出来上がったり、ルックスも自分好みになったら、これがまたとてもうれしいものです。

うれしいから、もっとそのギターが好きになって、ずっと弾き続けてしまうものです。
ですので、僕が思うリプレイスメントとは「そのギターへのモチベーションを維持し続けるための変化」というようなイメージですね。