ピック選びは難しいですよね。
プロでも、いつも色々な種類を試しているギタリストは多いと思います。

カッティングにはこの硬さ、厚みでこの形がいいんだけど、ソロ(リードプレイ)にはこの硬さでこの形なんだよな

のように、あちらを立てればこちらが立たず、といった具合です。

そんなわけで、ピック選びはトライ&エラーの繰り返しと言っても過言ではないでしょう。
かくいう僕も、これにはいつも悩まされていました。

トライアングルとティアドロップ

形状ですが、トライアングル(オニギリ型)はカッティングやコードワーク向き、ティアドロップ型はリードギタリスト向き、なんてよく言われますが、それはあくまでも一般論ですので、必ずしもそうだと言うことではありません。

確かにトライアングルはガツン!というワイルドなストロークがしやすいですし、ティアドロップ型は細かいピッキングコントロールがやりやすいですから、そういったイメージはあります。

ですが、結局は個人の好みですので、絶対というわけではないんですね。

ソロはトライアングルがいい、と言うギタリストも多いですし、逆にカッティングやコードワークにはティアドロップ型が最適、と言うギタリストも多いです。

つまり、形状に関して言うと、これは完全に好み次第なんですね。

ピックを持った時にしっくりくるかどうか。
それがすべてだと思います。

ピック先端部の尖り具合がポイントだった!

では僕の場合のピック選びの考え方についてお話しします。

まずピック素材に関してですが、正直、これは何でもいいです。
プラスチック系のセルロイドやデルリン、ポリカーボネートだろうが、ナイロンだろうが、メタルだろうが、何でもOK。
とは言え、プラスチック系が無難だと思いますので、そういう素材のピックを使うことが多いです。

それよりも肝心なのは、ピック先端部の尖り具合です。

実を言うと僕は、一般的なティアドロップ型の鋭角感は苦手なんですね。
ちょっと鋭角的過ぎると言うか。
カッティングもやりづらいし、ソロも弾きにくいです。

例えば、楽器屋さんでギターの試奏をさせてもらうとき、ピックも貸してくれますよね。
でも、たいていはトライアングルとティアドロップ型しかありません。
で、ティアドロップ型で弾こうものなら、

うわっ、俺こんなにギターがヘタなの?

というくらい弾けません
なので、楽器屋さんに行くときには必ず自分のピックを持参します。

僕の場合、一般的なティアドロップ型はカッティングの時には勢いが出ないし、ソロの時には先端部が引っかかってしまうんですね。

かなりハードに歪ませて弦の上を滑らせるように軽くピッキングするギタリストにはいいと思うのですが、僕はそういう感じではないので。

さて、かと言って、じゃあトライアングルは?となると、バッキングプレイには本当にいいと思います。

しかし、やはりトライアングルは大きいですから、細かいピッキングコントロールを必要とするフレーズには、ちょっとクエスチョンマークが付いてしまいます。

そこで、以上のような要求から選ばれた、僕にとっての、今のところのベストであるマイ・ピックがこれです。

killerピック

Killerピックですね。
このピックとの付き合いは相当な年月になります。

これは以前、ラウドネス(LOUDNESS)の高崎晃さんが使っていたモデルで、ギター雑誌で見た時にピーン!と来て、すぐに楽器屋さんに走り、購入して使ってみました。

すると、先端部の角度が一般的なティアドロップ型よりも大きく、トライアングルと一般的なティアドロップ型の中間くらいなので、先端部の引っ掛かりがなく、スムーズにピッキングできることがわかったのです。
そんなわけで一発で気に入り、それ以来ずっと使っているというわけなんですね。

しかし残念なことに、今となっては、このピックはあまり楽器屋さんで見かけないんですよ。
昔はどこの楽器屋さんでも見かけたんですけどね。

高崎晃さんには不思議な啓示があった!

そう言えば、もうずいぶん前ですが、高崎晃さんとお話しさせてもらったとき、

実はね、中学校の頃に山でUFOを見たんやけど、その時にプロになると確信したんだよね。

みたいなことを聞いたんですよ。

やはり世界のトップギタリストは発想が一味違います。
さすが世界の高崎晃!

と言ったようなわけで、あなたも今宵、空を見上げてみませんか。
ひょっとすると、UFOが見つかるかも知れません。
そして、あなたにとって何か大きな啓示があるかも?