さて今回は、ピック選びのポイントとして、ソロに適していると思われるしなり具合のピックについて考えてみましょう。

コードワーク編では、ミディアムやソフトのピックによるスムーズなストロークについてお話ししましたが、ソロに関して言うと、これは人によって千差万別の感じ方があります。

と言うのも、ピックのしなりを歓迎するタイプのギタリストもいれば、しなりを邪魔に感じてしまうギタリストもいるからです。

良くしなる柔らかいピックの考察

ではまず、ミディアムやソフトといった、薄くて良くしなるピックについて考えてみましょう。

このタイプのピックは、ヘビーやエクストラヘビーといった厚くて硬いピックと比べると、音のアタックが多少なりとも弱いです。
そしてその分、ピッキングの強弱によるダイナミクス感も出しにくいように感じます。

しかし逆に言うと、ダイナミクス感が弱いということは音のツブが揃うということにもなりますので、これを良しとするギタリストも多いです。

だから、こういった柔らかいピックは、音のツブを揃えないといけないカッティングなどのコードワークには適しているわけですね。

ですが、ソロにおいて、ピッキングの強弱による細かいニュアンスを大事にするギタリストには、やはりちょっと合わないかも知れません。

もちろん、そういった細かいニュアンスが出せないというわけではなくて、ヘビーやエクストラヘビーなどの硬くてしならないタイプのピックの方が、そういったニュアンスを出しやすいということです。

是永巧一さんはやはりスーパーギタリストだった!

昔、ギター雑誌で読んだのですが、是永巧一さんは当時、トライアングル(オニギリ型)のミディアムを使っていたようです。
その中で、

ミディアムだけど、グッと強くピックを持てば硬くなるからソロもちゃんと弾けるんだよ。

のようなことをお話しされていましたが、これは難しいです。

僕も当時、「なるほどなー」なんて思って、さっそく試してみましたが、確かにピックをグッと強く持つと硬くなったような感じになりましたが、いかんせん、力が入りすぎてまともにピッキングができませんでした。

さすが是永巧一さん、恐るべしです!

是永巧一さんと言えば、当時の僕のバンドのプロデューサーである土橋安騎夫さんと一緒にレベッカ(REBECCA)をやっていた関係で、レコーディングの時に遊びに来てくれたことがありました。
確かスタジオ・グリーンバードだったかな。

その時のレコーディングでは、僕はESPのストラトシェイプのギターを使っていたのですが、是永さんが

ちょっと触ってもいい?

とおっしゃったので、

はい、どうぞ。

と渡しました。

しばらくそのギターを弾いていた是永さんは、

いいギターだね。
僕は昔、ESPでギターをオーダーしたことがあったんだけど、その時のギターよりずっといいね!

と、おっしゃいました。

いやー。

なんて僕は照れてしまいましたが、後から考えると、やはりリップサービスかと(笑)

このように、是永巧一さんは、ギタープレイも気配りもトップクラスのお方です。

柔らかくてしなるピックでの速弾きってどうなの?

さて、こういった良くしなるタイプのピックは、コードストロークのような、ダウンならダウン、アップならアップという一方向の動きや、全部ダウンピッキングでこなせるくらいのスピードのソロなら問題はないでしょう。
いや、むしろ、音のツブが揃うからGoodだと思います。

しかし速弾きにおいては、オルタネイトピッキングの場合はダウンとアップの繰り返しをスピーディにする必要があるわけですから、ピックがしなる分だけタイムラグが生じ、そのしなりが邪魔になってしまう可能性があります。

そういったようなわけで、ミディアムやソフトといった、柔らかくてしなるピックは、ソロの場合には扱いが難しいように思います。

ソロでこういったピックを使いこなせるようになれば超一流!

・・・なのかも知れませんが、そんな苦労をするくらいなら、普通に硬いピックを使います。
修行僧じゃないし。

硬くてしならないピックの考察

次にヘビーやエクストラヘビーなどの硬くてしならないピックについてですね。
これはもう、ミディアムやソフトとまったく逆だと思っていただければいいかと思います。

しならない分、ピッキングの強弱によるダイナミクスが付けやすいし、細かいニュアンスもしっかりと表現できるでしょう。
もちろん速く弾く場合でもストレスはありません。

ただ、しなるピックは音のツブを揃えてくれますが、このタイプのピックはそうはいきませんので、しっかりと正確にピッキングする必要があります。

ギターソロにおけるピックの総括

では僕が思う結論です。
ソロの際には、コードワークとは違い、ミディアムやソフトよりもヘビーやエクストラヘビーといった硬くてしならないタイプのピックの方が実用的だと思います。

もちろん、個人の感覚による違いはありますので、絶対と言うわけではありませんが、おそらく弾きやすくは感じると思います。

僕は、コードワークでもソロでもKillerピックを使いますが、これは一般的なヘビーよりも少し柔らかい程度なので、速く弾いてもピックがしっかりとついてきてくれますし、音のツブも揃いやすいので非常に重宝しています。

あまり使っている人がいないと思われますので、製造中止になったら非常に困りますね。
そこが少し心配なところではあります。