ギターネックは出音にどのように影響するのでしょうか。
今回はメイプルやマホガニーの特徴などを解説します。
ボディ材へのこだわりと比べると、ネック材にはさほどこだわらない人も多いですが、実はネックのチョイスも重要になってくるのです。

ギターネック材の主な種類と特徴

ネックの主要な木材として広く知られているのは、ギブソン系が採用しているマホガニー材、そしてフェンダー系が採用しているメイプル材です。

マホガニー材の特徴としては、柔らかく、ウォームな音を出力してくれることがあげられます。
マホガニーボディとの相性も良く、暖かくて太い音が欲しければ、やはりマホガニーネックがいいチョイスだと思います。

一方、メイプル材の特徴としてあげられるのは、やはりその堅さでしょう。
その堅さゆえ、クリアでアタックのある音を出力してくれますので、ジャキジャキ、バリバリしたギターを弾きたいのならメイプルネックがオススメです。

ギターネック材が出音を変える?

ここで、ネック材が音へおよぼす影響を考えてみましょう。

ギターの音を決定するのはボディ材とピックアップだ、なんて意見を聞くことがあります。
もちろん、その両方ともギターサウンドを決定するのに非常に大きなファクターです。

しかし、実はそんなに単純なものではありません。
ギターの音は、様々な要素が絡み合って出来上がっているのです。

ギター本体だけを考えてみても、ボディ材やピックアップもそうですし、ボディシェイプやネック材、ネックの太さ、ナットの材質、配線材、コンデンサ、ポットなど、その他諸々のファクターが存在するわけです。

さらに、使用するピックの形状や材質、ケーブル、エフェクター、アンプ・・・とまあ、キリがありません。

僕の実体験に基づく考察

しかし僕の意見としては、ボディ材よりも、むしろネック材の方がそのギターの音を決定する上で大きな比重を占めるような気がします。

と言うのも、以前、僕が使っていたギターなのですが、それはマホガニーボディ、メイプルネックという仕様でした。
普通に考えると、マホガニーの鳴りが強く、ウォームで太い音を出力するようなイメージがありますね。

しかし実際には、メイプルネックのアタック感の方が強く感じられたのです。
なので、マホガニーの太さを持ちつつも、アタック感やバリバリ感も演出してくれていました。

さらに、メイプルトップ・スワンプアッシュバックのボディ、そしてマホガニーネックのギターを所有していたことがあります。
ボディは表がメイプル、裏がスワンプアッシュですから、低音域から高音域までクリアで、しかも高域特性に優れているからハイがスコーン!と抜けてくれるようなイメージがありますよね。

しかし、実際にはマホガニーネックの要素が強かったみたいで、どちらかと言うと中音域が非常に豊かな出音でした。

ギターネックが出音におよぼす影響の総括

このように、ネックがギターの音に与える影響というのはバカにできません。
場合によっては、上記の僕の例のように、ボディ材の特性を上回ってしまうほどに影響をおよぼすこともあるのです。

ですので、もちろんボディとの相性はありますが、甘くてファットな音が欲しければマホガニーネック、また、クリアでアタッキーな音が欲しければメイプルネックという考え方でいいのではないでしょうか。

参考までに言っておくと、メイプル材は北米産ハードメイプルがいいですね。
出音や耐久性がぜんぜん違いますからね。

以前、ESPのストラトキャスターモデルを使っていたのですが、5年くらい弦を張りっぱなしで、まったく弾かずに放置していたにもかかわらず、ネックはまったく反っておらず、1mmたりとも曲がらずにストレートそのものでした。

さすがにESPは作りが違うな、と思いましたが、それ以上に北米産ハードメイプル恐るべし!と痛感したものです。
コストが安くなれば、北米産ハードメイプルは、もっと市場に出回るんでしょうけどね。