ある音を主音(完全1度・ルート音)として、1オクターブ内に特定の法則で並べられた音群をスケール(音階)といいます。

スケールには、大別してメジャースケール(長音階)とマイナースケール(短音階)があります。

Cを主音とした長音階が一番有名で、いわゆるド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド(C・D・E・F・G・A・B・C)です。

メジャースケールとマイナースケールの違い

メジャースケールの法則は以下になります。

  • 第1音~第2音の間隔 → 全音(1音)
  • 第2音~第3音の間隔 → 全音
  • 第3音~第4音の間隔 → 半音
  • 第4音~第5音の間隔 → 全音
  • 第5音~第6音の間隔 → 全音
  • 第6音~第7音の間隔 → 全音
  • 第7音~第8音の間隔 → 半音

鍵盤図の方が全音と半音の違いがわかりやすいので、Cを主音で表してみます。

音程 鍵盤C

一方、マイナースケールはどうでしょうか。
マイナースケールの法則は以下になります。

  • 第1音~第2音の間隔 → 全音
  • 第2音~第3音の間隔 → 半音
  • 第3音~第4音の間隔 → 全音
  • 第4音~第5音の間隔 → 全音
  • 第5音~第6音の間隔 → 半音
  • 第6音~第7音の間隔 → 全音
  • 第7音~第8音の間隔 → 全音

同じく、鍵盤図で表してみましょう。
主音はAです。

音程 鍵盤A

メジャースケールとマイナースケールの関係性とは

ところで、なぜメジャースケールの代表としてCメジャースケールを、またマイナースケールの代表としてAマイナースケールを選んだのでしょうか。

それは、CメジャースケールとAマイナースケールの構成音がまったく同じだからです。
以下の図を見てください。

音程 平行調

同じ五線上に各々のスケール音を並べてみると、始まりの主音が違うだけで、スケールの構成音は同じだということがわかります。

Cメジャースケールを使用するCメジャー・キーと、Aマイナースケールを使用するAマイナー・キーのように、並べた音群を平行にずらすことによってぴったり一致するような関係を平行調(関係調)といいます。

CメジャーはAマイナーの平行長調

AマイナーはCメジャーの平行短調

という言い方もします。

さて、このように構成音が同じ2つのスケールですが、それぞれ主音から順に発音していくと、実はまったく違った響きになっていきます。
実際にギターで各スケールを弾いてみるとわかると思いますが、Cメジャーは素直な明るい音階、Aマイナーは暗くさびしい音階に聞こえると思います。

こういった、メジャースケールとマイナースケールの印象の違いを覚えておいてください。

マイナースケールには3種類あった!

さて、スケールは大別するとメジャーとマイナーの2種類があるとお話ししました。
メジャースケールは1種類しかないのですが、実はマイナーには3種類のマイナースケールがあるのです。

1つはすでに説明したものですが、これは正確に言うとナチュラルマイナースケールというものです。
マイナースケールには、他にハーモニックマイナースケールとメロディックマイナースケールがあります。

Aを主音として考えていきましょう。
Aナチュラルマイナースケールは#や♭といった変化記号がつかず、ナチュラル音だけで構成される素直な音階です。

では、ハーモニックマイナースケールを見てみましょう。

音程 鍵盤ハーモニックマイナー

ハーモニックマイナースケールは、ナチュラルマイナースケールの第7音が半音上がったものです。
これにより、次の第8音に早く行きたい、という性質を持つようになります。
また、こういった性質を持つ第7音はリーディングトーンと呼ばれます。

ハーモニックマイナースケールは主にメタル系のギターソロで使用され、「クラシカル」なんていう表現をされますが、それはこのリーディングトーンによる部分が大きいと思います。

そしてメロディックマイナースケールです。

音程 鍵盤メロディックマイナー

メロディックマイナースケールは、ハーモニックマイナースケールの第6音が半音上がったものです。
つまり、ナチュラルマイナースケールの第6音と第7音が半音上がったものとなります。

ただし、このスケールを下行する場合は、通常のナチュラルマイナースケールが使われます。