テスターで導通、抵抗値のチェックでは、テスターを使ったシングルコイルピックアップの導通チェック方法をお話ししました。
そこで今回は、ハムバッキングピックアップ(ハムバッカー)の導通チェック方法をお話ししましょう。

以前に、ハムバッキングピックアップは、コイルが2つからなるピックアップだと言うことをお話ししました。
つまり、シングルコイルピックアップが2つくっ付いたピックアップだと考えてもらえばいいわけです。

リード線のホットとコールドとは

さて、ピックアップにはホット(コイルの巻き始め)とコールド(コイルの巻き終わり)があります。

多くの場合、ホットはピックアップセレクターに、コールドはポットの背中などのアースに結線されている。

ハムバッキングピックアップにはコイルが2つありますので、各コイルのホットとコールドがあることになり、ペアで2本ずつ、つまり合計4本のリード線があるわけです。

ヴィンテージタイプのハムバッキングピックアップの場合、4芯ではなく単芯シールドという仕様がある。
この場合は網線がコールドで、その中の芯線がホットとなる。

そして、各リード線は各コイルのホットとコールドを区別しやすいよう、例えば赤・黒・白・緑といった具合に色分けされています。

で、またここがややこしいのですが、各ピックアップメーカーによって、その色分けが違うのです。
ピックアップの代表的なメーカーである、ディマジオとセイモアダンカンからして違うので、断線チェックやギターにマウントする時に戸惑うんですよね。

ディマジオの4芯リード線

では、まずディマジオのリード線からご覧いただきましょう。

ディマジオの場合はこのように、第1コイルのホットが赤、コールドが黒、そして第2コイルのホットが白、コールドが緑となっています。

ディマジオ 4芯リード線

セイモアダンカンの4芯リード線

次に、セイモアダンカンの場合を見てみましょう。

セイモアダンカンでは、第1コイルのホットが黒、コールドが白、第2コイルのホットが赤、コールドが緑となっています。
しかしまぁ、この辺はJIS規格とかでリード線の色を統一して欲しいところではありますね。

セイモアダンカン 4芯リード線

テスターを使って4芯リード線のチェック

ではチェックしてみましょう。

ピックアップの導通チェックは、そのコイルのホットとコールドの間で抵抗値を測るものですから、各コイルのホットとコールドにテスター棒をくっ付けてみてください。

ディマジオであれば、第1コイルの赤リード線(ホット)と第1コイルの黒リード線(コールド)が一つのペアですから、まずはこの2本にテスター棒をくっ付けて抵抗値を見ます。

次に、第2コイルの白リード線(ホット)と第2コイルの緑リード線(コールド)のペアの導通をチェックします。

この双方に問題がなければ、このピックアップは大丈夫だろうということになります。

セイモアダンカンの場合は、まず第1コイルの黒リード線(ホット)と第1コイルの白リード線(コールド)というペアのチェックをします。

次に、第2コイルの赤リード線(ホット)と第2コイルの緑リード線(コールド)のペアの導通をチェックしましょう。

これも問題が無ければ、導通が確認されたことになります。

ごくたまにですけど、ハムバッキングピックアップのどちらかのコイルが断線していることがあるんですね。
でも、このようにチェックすれば、それがわかります。

ピックアップが断線していたけれど

僕はセイモアダンカンのJBモデル(SH-4)をずっと使っていた時期がありました。

それがある日、音が変わってきて、やたらハイ(高域)がキツくなってしまった事があったのです。
もともとJBはハイの抜けが良いのですが、ロー(低域)がゴソッと抜け落ちてしまったように感じたので気づいたのです。

おかしいな、と思いテスターで抵抗値のチェックをしてみたところ、案の定、片方のコイルが断線していました。

まいったなー、なんて思ったのですが、

待てよ。
それならそれで、いっその事シングルコイルピックアップとして使っちゃおうかな。

なんて考え直して、しばらくそのまま使っていたんですよね。
いいか悪いかは別として、それは確かにシングルコイルピックアップのような音がしていました。

何事も経験ですね、経験、ハハハ。