あなたはギタースタンドを持っていますか?
1本くらいは持っているかも知れませんね。

ギタースタンドにも色々な種類があって、数百円で買える物から1万円を超える高価な物までたくさんあります。

ラッカー塗装に対応したギタースタンド?

ところで、「この製品はラッカー塗装に対応しています」なんてキャッチコピーの付いたギタースタンドを見たことはありませんか?
僕も初めてそういった注意書きを見た時には、「ラッカー塗装に対応? どういう意味だろう?」なんて疑問に思ったものです。

だって、ギタースタンドなんて、単純にギターを立てかけておくものだし、そのギターがラッカー塗装だろうがポリ塗装だろうが、そんなことが関係するのでしょうか?

実は大いに関係してしまうのです。

ラッカー塗装を傷めるギタースタンドの恐怖

多くのギタースタンドは金属製ですが、ネックに当たる部分とボディエンドに当たる部分にゴム(ラバー)のカバーが付いていますよね。
実はこれがクセモノで、このゴムがある問題を引き起こしてしまうのです。

それは、ギターの塗装を傷める!と言うことなのです。

ラッカー塗装のギターをお持ちの方も多いと思います。
ラッカー塗装は、ヴィンテージ系のギターや高級ギターなどに採用されていますよね。

で、このゴム部分は、ラッカーと接していると化学変化を起こし、ラッカーを溶かしてしまうなど、ギターの塗装を傷めてしまうのです。

これは怖いですね。
何十万円も出して買ったギターが、こんなことで傷んでしまうかも知れないなんて考えるだけでもぞっとします。
まさに怪談です。

もしもあなたが、ラッカー塗装のギターを普通にギタースタンドに立てかけているのなら、今すぐに対策を講じましょう。

そういった変質を防ぐためのカバーも販売されていますが、ここではお金をかけずにお手軽にできる対策を紹介しましょう。

ギターの塗装を保護する最強のアイテムとは?

僕は、以前はギタースタンドのゴム部分に包帯をぐるぐる巻きにしていました。
こうすれば、塗装面とゴムが直接触れ合うことがないので、これはこれで非常に重宝したものでした。

しかし、包帯って繊維質ですよね。
なので、使っていると細かい繊維がボロボロと落ちてきてしまい、しまいにはゴムがむき出しになってしまったのです。

そこで、何かいい方法はないかと考えていたら、たまたまその時に履いていた靴下に穴が開いていたのです。
その瞬間、靴下が救世主になってくれると直感しました。

そう思うや否や、すぐにその靴下を洗濯し、速攻で乾かしてからギタースタンドに巻いてみました。
するとどうでしょう、見事にジャストフィットするではありませんか。

まず、ネックに当たる部分はこんな感じです。

ギタースタンド上

そして、ボディエンドに当たる部分はこんな感じになります。

ギタースタンド下

見栄えはともかく、実用的ではありますよね。

他の布製品、例えばタオルとか着物の切れ端とかを試してみましたが、その質感を考えると、僕は靴下が最強であると結論付けました。

ですので、人に見せて恥ずかしい!と思わなければ、ぜひとも履き古した靴下を使ってみてください。
もちろん新品の靴下でもいいですけどね。

ちなみに、ポリ塗装はゴムに当たっても変質しないから大丈夫、なんて言われていますが、僕は念のためにポリ塗装のギターを置くギタースタンドにも靴下を使っています。
万が一があるとイヤですし、転ばぬ先の杖、なんて言いますからね。

今の世の中、エコロジーとかリサイクルといった言葉が声高に叫ばれています。
と言うわけで、今こそ我々ギタリストもエコに向かって突き進もうではありませんか。