では、ダイアトニックコードについてお話ししましょう。

ですがその前に、まずはダイアトニックスケールについて。

ダイアトニックスケールとダイアトニックコードの関係性

ダイアトニックスケールとは、簡単に言うと、そのキーのスケールのことです。

例えばCメジャーキーであればCメジャースケールを使い、AマイナーキーであればAマイナースケールを使うわけですが、それらをダイアトニックスケールといいます。

もっと簡単に言うと、各スケールの総称がダイアトニックスケールといったところでしょうか。

そして、そのダイアトニックスケールの各音上に3度ずつ音を重ねてコードにすると、それがダイアトニックコードになります。

まずはCメジャースケールで考えてみましょう。

メジャースケール上のダイアトニックコード

Cメジャースケールは「C・D・E・F・G・A・B」という音群で構成されます。

ここでは、シングルノート(単音)とコード(和音)の表記を区別するため、例えばシングルノートのC音なら「C」、コードのCメジャーなら「C△」とします。

それら各音に、3度ずつ音を重ねて三和音(トライアド)にしてみます。

メジャースケール 三和音

すると、
「C△・Dm・Em・F△・G△・Am・Bm-5」
というコードになりますが、これらがCメジャーキーにおける三和音のダイアトニックコードです。

さらにその上にもう一つ3度の音を加えて四和音にすると、
「C△7・Dm7・Em7・F△7・G7・Am7・Bm7-5」
というコードが出来上がります。

これがCメジャーキーにおける四和音のダイアトニックコードです。

メジャースケール 四和音

ここで、各ダイアトニックコードを音程表記で考えてみましょう。

ダイアトニックコードの元になるダイアトニックスケールは音程・度数で表されますね。

  • C  完全1度
  • D  長2度
  • E  長3度
  • F  完全4度
  • G  完全5度
  • A  長6度
  • B  長7度

同じように、ダイアトニックコードも音程・度数で表すことになりますが、この場合はローマ数字を使います。

  • C△7  I△7  (イチ・メジャーセブンス)
  • Dm7  IIm7  (ニー・マイナーセブンス)
  • Em7  IIIm7  (サン・マイナーセブンス)
  • F△7  IV△7  (ヨン・メジャーセブンス)
  • G7   V7   (ゴー・セブンス)
  • Am7  VIm7  (ロク・マイナーセブンス)
  • Bm7-5 VIIm7-5 (ナナ・マイナーセブンス・フラットフィフス)

ローマ数字での表記は慣れないと難しいかも知れませんが、この表記方法は良く使います。

例えば、よくあるコード進行で「C△7→Am7→Dm7→G7」がありますが、これは「イチロクニーゴー」と呼ばれます。
「じゃあ、ここはイチロクニーゴーでね」なんてバンドメンバーに言われたら、それは当たり前のように「C△7→Am7→Dm7→G7」とか「C△→Am→Dm→G」という進行なので、リハーサルやレコーディングを円滑に進めるためにも覚えておくことをオススメします。

マイナースケール上のダイアトニックコード

マイナースケールには、ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケール、と3種類ありますので、ダイアトニックコードも3種類になります。

ですが、とりあえずはナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードだけ理解しておけば問題ありません。

では、Aナチュラルマイナースケールで考えてみましょう。

Aナチュラルマイナースケールは「A・B・C・D・E・F・G」でしたね。

そして、これら各音に音を積み重ねて三和音のダイアトニックコードにしてみます。
すると、
「Am・Bm-5・C△・Dm・Em・F△・G△」
というコードが出来上がります。

マイナースケール 三和音

四和音のダイアトニックコードにすると
「Am7・Bm7-5・C△7・Dm7・Em7・F△7・G7」
というコードが出来上がりましたね。

マイナースケール 四和音

これも音程・度数で表してみましょう。

  • Am7  Im7  (イチ・マイナーセブンス)
  • Bm7-5 IIm7-5 (ニー・マイナーセブンス・フラットフィフス)
  • C△7  ♭III△7 (フラット・サン・メジャーセブンス)
  • Dm7  IVm7  (ヨン・マイナーセブンス)
  • Em7  Vm7  (ゴー・マイナーセブンス)
  • F△7  ♭VI△7 (フラット・ロク・メジャーセブンス)
  • G7   ♭VII7 (フラット・ナナ・セブンス)

AマイナーとCメジャーは平行調の関係ですから出来上がったコードは同じものですが、音程・度数表記は違ってきます。

ダイアトニックコードは作曲する時に必要?!

さて、これらがダイアトニックコードです。
メジャーやマイナースケール上に出来上がったものですから、これら7つのコードはお互いに非常に関係が深いわけですね。

では、これらダイアトニックコードを理解しておくと、どういった時に利用できるのでしょうか。

例えばCメジャー・ダイアトニックコードでいうと、Cメジャーキーの楽曲の中ではそれらのコードが非常に使いやすいのです。

言い換えると、Cメジャー・ダイアトニックコードの三和音「C・Dm・Em・F・G・Am・Bm-5」や四和音「C△7・Dm7・Em7・F△7・G7・Am7・Bm7-5」を適当に並べただけで、それはCメジャーキーの楽曲として成り立ってしまうほどに役立ちます。

つまり、作曲や編曲時に使いやすいコードとして利用できるということですね。

もちろん曲中で転調するとなると話は違ってきますが、転調しない楽曲なら、そのキーのダイアトニックコードを使うだけで非常に流れがよく、聴きやすい楽曲にすることができます。

ダイアトニックコードは耳コピにも有効だった!

あるいは、耳コピの際に利用するのもいいですね。

というのも、多くの楽曲は、そのキーに対してのダイアトニックコードで構成されていることが非常に多いです。

ということは、楽曲のキーさえわかれば、そのダイアトニックコードからコードを探していけばいいので、コードの予測がしやすいわけですね。

もちろん実際には転調したり、代理コードや裏コードなんていうテクニックを使ったりもしますので、それほど単純ではないですが、大まかな参考にはなりますので、そういったことにも利用してみるといいでしょう。