ギターアンプはなぜ音が出るのか、そして、その仕組みや種類、そして信号の流れとはどういうものか、といった事についてお話ししました。

そこで今回は、もう一歩進めて、コンポーネントというシステムについてお話ししたいと思います。
コンポーネントとは簡単に言うと「個別の機器を組み合わせて使用する」ということです。

つまり、アンプの基本的な構成はプリアンプとパワーアンプ、スピーカー、キャビネットですが、これを個別で考えて、それら専用機器を組み合わせて使うってことですね。

アンプヘッド内部を独立して考えてみる

例えばアンプヘッドの内部には、プリアンプとパワーアンプが収められています。

まずはこれを独立して考えて、アンプヘッドの代わりにプリアンプ単体とパワーアンプ単体を組み合わせてみることが考えられます。
単体のプリアンプとはこういった物です。

プリアンプ

ここでは、トレブルやミドル、ベース、そして歪み具合といった音質設定を行い、パワーアンプへ送るためのラインレベルまで増幅した音信号を出力します。
また、その筐体の多くが1Uとか2Uといった規格で、ラックに収めるようになっています。

次に、単体のパワーアンプはこういった感じのものです。

パワーアンプ

これは、プリアンプから出力されたラインレベル信号を、スピーカーから出力できるように、さらに増幅するためのものです。

パワーアンプの場合も、その多くはラックに収めるような規格になっており、1Uから数Uというように幅広い種類があります。

ここで注意点ですが、パワーアンプはかなり熱を持ちますので、ラックに収める場合、できればその上下を空けてブランクとする方がいいでしょう。
他の、例えばプリアンプやラックエフェクターと密着していると、そういった機材を傷めてしまう可能性があるからです。

さて、このように、プリアンプ単体機種とパワーアンプ単体機種を組み合わせれば、それがアンプヘッドと同じ役割を持つことになります。

また、スピーカーキャビネットもコンポーネントの対象になります。
このキャビネットに、このスピーカーをマウントしたい、というような場合もありますからね。

無限に可能性が広がるギターコンポーネントシステム

さて、このコンポーネントシステムのメリットは、好きなプリアンプとパワーアンプ、スピーカー、キャビネットの組み合わせを自由に決められるということに尽きます。

コンポーネントシステムは、用途や好みで色々な物を組み合わせて使えるのが醍醐味ではありますが、コンボアンプやスタックアンプのセットに比べると、やはり高価になってしまいます。
何でもそうですけど、単体だとどうしても高くつきますからね。

でも、音を細部までこだわる人には、やはりコンポーネントシステムはいいチョイスだと思います。
極めるギタリストは、そこまで極めますから。