さて、Cメジャースケールを基準としたときに、主音をずらすことによってAマイナースケールになりましたね。

同じように、Cメジャースケール上の他の音を主音にすると、合計7つのスケールができ、それぞれに名前がつけられます。

そして、これらはチャーチモード(教会旋法)と呼ばれます。
以下に記してみましょう。

チャーチモードの7つのスケール

Cアイオニアンスケール(イオニアンスケール、メジャースケール)

まずはCメジャースケールですが、Cアイオニアンスケールやイオニアンスケールとも呼ばれます。
ですが、通常はメジャースケールでいいでしょう。Cアイオニアンスケール

Dドリアンスケール

Cメジャースケール上にあるD(第2音)を主音にすると、これはDドリアンスケール(マイナー系)になります。Dドリアンスケール

Eフリジアンスケール

Cメジャースケール上にあるE(第3音)を主音にすると、これはEフリジアンスケール(マイナー系)になります。Eフリジアンスケール

Fリディアンスケール

Cメジャースケール上にあるF(第4音)を主音にすると、これはFリディアンスケール(メジャー系)になります。Fリディアンスケール

Gミクソリディアンスケール

Cメジャースケール上にあるG(第5音)を主音にすると、これはGミクソリディアンスケール(メジャー系)になります。Gミクソリディアンスケール

Aエオリアンスケール(ナチュラルマイナースケール)

Cメジャースケール上にあるA(第6音)を主音にすると、これはAエオリアンスケールになりますが、これはマイナースケールと同じものです。

マイナースケールには3種類ありますが、このスケールはナチュラルマイナースケールとも呼ばれます(とは言え、これは普通にマイナースケールでOK)。Aエオリアンスケール

Bロクリアンスケール

Cメジャースケール上にあるB(第7音)を主音にすると、これはBロクリアンスケール(マイナー系)になります。Bロクリアンスケール

さて、このように見ると、Cアイオニアンスケール=Dドリアンスケール=Eフリジアンスケール=Fリディアンスケール=Gミクソリディアンスケール=Aエオリアンスケール=Bロクリアンスケールだということがわかります。

まぁもっとも、Cメジャースケール上の各音に対し、始まりの音をずらして出来上がった各種スケールですので、結局は同じといってしまえば同じなのですけどね。