楽曲を構成する要素として、メロディ、ハーモニー、リズムが挙げられます。

そこから考えても、スケール(メロディ)とコード(ハーモニー)は、非常に密接な関係にあることがわかると思います。
それは、スケールを基にしてコードを導き出したり、逆にコードを基にしてメロディを導き出したりするからです。

さて、コードの機能ですが、まずはスケールにおいて重要とされている音についてお話ししましょう。

ダイアトニックスケールでの重要な音

  • 第1音 トニック (主音)
  • 第4音 サブドミナント (下属音)
  • 第5音 ドミナント (属音)

これらはコードの機能に大きく関係してきます。

スケール上の第1音をトニック、第4音をサブドミナント、第5音をドミナントと言います。

この3つの音は、メジャースケールでもマイナースケールでも重要な音とされています。

ダイアトニックコードの中でも重要なコードとは

さて、スケール上に存在するトニック、サブドミナント、ドミナントですが、それはそのままダイアトニックコードにも当てはまります。

もちろん、三和音でも四和音でも同様です。

  • I△ (I△7)   トニックコード (T:主和音)
  • IV△ (IV△7) サブドミナントコード (SD:下属和音)
  • V△ (V7)   ドミナントコード (D:属和音)

そして、これら3つのコードは主要和音と言われます。

メジャーダイアトニックコードの場合

特にメジャーダイアトニックコードでのI△、IV△、V△は主要トライアド(スリーコード)と呼ばれ、ロックを初め、あらゆるジャンルで非常によく使われます。
Cメジャーの楽曲でいうと、C△・F△・G△ですね。

また、これら3つのコードを組み合わせると、そのコードトーンがスケール内の全ての音を含むため、スリーコードだけでも楽曲が作れてしまいます。

では、Cメジャースケール上のダイアトニックコードを以下に記しましょう。

  • 1(T)  C△ (C△7)
  • 2   Dm (Dm7)
  • 3   Em (Em7)
  • 4(SD) F△ (F△7)
  • 5(D)  G△ (G7)
  • 6   Am (Am7)
  • 7   Bm-5 (Bm7-5)

各主要和音の機能と特徴

ここで、トニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコードといった主要和音の特徴について説明します。

トニックコード
スケールの第1音上のコードであり、もっとも重要なコードです。
非常に安定したコードで、コード進行では全てのコードに進むことができ、また、他のコードからこのトニックコードに進むことによって、強い終止感が得られます。
多くの楽曲は、トニックコードで始まりトニックコードで終わります。

サブドミナントコード
割と不安定なコードです。
トニックコードやドミナントコードなど、次のコードに進みたいという性質を持ちます。

ドミナントコード
非常に不安定なコードです。
トニックコードに進みたがる性質を持っています。
セブンスを加えて四和音にすると、さらにその性質は強まります。
そしてそれは、ドミナントセブンスコードと呼ばれます。

マイナーダイアトニックコードの場合

マイナースケール上でも同様で、第1音がトニック、第4音がサブドミナント、第5音がドミナントとなります。

ですが、マイナースケール上にできるダイアトニックコードの場合は、以下の定義があります。

トニックコードはマイナー系

サブドミナントコードはマイナー系

ドミナントコードはメジャー系

Aナチュラルマイナースケールに当てはめてみると、ダイアトニックコードは以下になりますが・・・

  • 1(T)  Am (Am7)
  • 2   Bm-5 (Bm7-5)
  • 3   C△ (C△7)
  • 4(SD) Dm (Dm7)
  • 5(D)  Em (Em7)
  • 6   F△ (F△7)
  • 7   G△ (G7)

トニックコードはマイナー、サブドミナントコードはマイナーですが、ドミナントコードもマイナーになっています。
これはEm (Em7)ではなく、E△ (E7)でなければいけません。

ですので、厳密に言うと、ナチュラルマイナースケール上のダイアトニックコードにはドミナントコードが無いということになります。

トニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコードが3つとも存在するのはハーモニックマイナースケールです。

とは言え、そんな定義はあまり気にしなくていいでしょう。
そんなことを知らなくてもギターは弾けますし、作曲もできます。
大事なのは理論ではなく、センスですからね。

ここで言いたいのは、このトニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコードといった主要和音は、楽曲において特に重要なコードになる、ということです。

Cメジャーキーで言えば、C△(トニック)、F△(サブドミナント)、G△(ドミナント)という3つのコードだけで曲が書けるくらいです。
それだけ重要であり、使いやすいコードだということですね。

AマイナーキーでのAm(トニック)、Dm(サブドミナント)、E△およびEm(ドミナント)も同様です。
それだけで曲が書けます。

音楽用語が色々と出てきて大変かも知れませんが、用語や理論的な知識よりも耳や身体で感じる感覚が重要です。
ですので、実際にギターで音を出して、その響きや流れを感じ取ってください。