ギター選びは本当に楽しいですよね。
色々なメーカーのカタログをニヤニヤしながら眺めたり、人に話を聞いたり、楽器屋さんをめぐってギターの試し弾きをしたり。

ギター中級者以上であれば、自分の好きなサウンドとか求める音がわかっているので、後は実際に楽器屋さんで弾いてみてパッ!と決めることができますが、これからギターを始める初心者さんギタリストにとっては、どんなギターを選べばいいのか、その選び方がわからないかも知れません。

初めから自分に合うギターを選ばないと残念なことになるかも?

さて、初めてギターを買う場合、これは特に注意しないといけません。

なぜなら、その最初の選択は、ギターに愛着を持って弾き続けられるか、逆に、ギターを弾くことをやめてしまうという状況になってしまうか、そういった重要なポイントなのです。

また、最初のギターでつまずいてしまうと、「もっといいギターがあるはずだ!」なんて、無理して他のギターを買いあさってしまうという行為に及んでしまうかも知れません。
こうなると、財布に驚異的な打撃を与えてしまうことでしょう。

さて、そのギターの選び方の基準ですが、僕の個人的な意見としては、2種類の考え方、選択方法があると思います。
では、それについてお話ししましょう。

ネックの握りで選んでみる方法

まず最初の考え方は、ネックの握りで選ぶ、ということです。

今までもネックの重要性をお話ししてきましたが、本当にネックって大事です。
音もそうですけど、それ以上に弾きやすさに関してですね。

人によって手の大きさや形は違います。
しかもそれだけでなく、指の開き具合や指の曲がる角度なども違うわけですね。
なので、この人にはこのネックが合うけど、あの人には合わない、なんてことが往々にしてあります。

ですので、色々なギターのネックを握ってみて、一番しっくりくるギターを選ぶといいのではないでしょうか。
これから初めてギターを買う初心者さんでも、そういった最初の印象はとても大事です。

ネックが自分に合っていると、ギターの上達は早いと思います。
例えば、手が小さくて、しかも指があまり開かない人がギターを選ぶ場合を考えてみましょう。

仮に極太ネックを弾いたとしたら、うまく押弦できなくて、イヤになってギターをやめてしまうかも知れません。

しかし、細身ネックで、しかも薄いシェイプのネックならばしっかりと押弦できますから、ギターを弾くのが楽になります。
楽だからいつまでも楽しくギターを弾き続けることができ、結果的に上達していた、なんてことが可能になるでしょう。

逆に、手が大きい人は細身ネックだと指が余ってしまうので、太いネックの方が合うかも知れません。

このように、実際にギターを構えてネックを握ってみる、これが大きなポイントとなると思います。

ただ「ネックの握りは最高なんだけど、自分が欲しいのはハムバッキングピックアップ(ハムバッカー)の音であって、このギターは残念ながらシングルコイルピックアップ仕様なんだよな」なんて言う場合もあります。

その場合は、シングルコイルピックアップサイズのハムバッキングピックアップをマウントする、なんて方法もありますよね。
ピックアップを別に買わないといけないので、お財布には厳しいですが。

逆に、「ハムバッキングピックアップをマウントしたギターの、このネックがしっくりくるんだけど、欲しいのはシングルコイルピックアップの音なんだよね」なんて言う場合もあるでしょう。

ハムバッキングピックアップのキャビティに、それよりも小さいシングルコイルピックアップをマウントすると、隙間ができてカッコ悪いですよね。

僕もこれに悩んだことがありましたが、たまたま海外のギターパーツショップで面白いものを見つけてネット購入したことがあります。
これは、ハムバッキングピックアップサイズのプラ板にシングルコイルピックアップサイズの穴が開いているので、エスカッションの代わりにそれを取り付けるだけです。

ギターは、初期状態で完全に自分の好みとピッタリ一致するということは、そうそうないと思います。
ボディシェイプはいいけどもっとパワーのある音にしたい、とか、音はいいけどゴールドパーツにしたい、とか、ナットを牛骨のいいヤツにしたい、とか。

なので、色々とパーツを交換したり、セッティングを変えたり、リフィニッシュ(再塗装)したりするわけです。
それもまた楽しいことなんですけどね。

なので、まずはネックの握りで選んでみる、これが一つの方法です。

そして、腕が上がってくるに連れ、ここをこうしたい、といった要望が出てくることでしょう。
そうしたら、ピックアップを始めとした色々なパーツを交換して、音やルックスを自分好みのギターに仕上げていくっていうのもいいと思います。

憧れのギタリストのコピーモデルを使う方法

さて、2つ目の方法ですが、それは自分の好きなギタリストのコピーモデルを使う、ということです。
つまり形から入るってことですね。

憧れのギタリストと同じギターを使うってのは、これがまたうれしいものなんですよね。
だから、少々音が気に入らなくても、ネックの握りが好みでなくても、逆に自分がそれに合わせてしまう、みたいな感じですかね。

僕がまさにそうでした。
エース・フレーリーに憧れてレスポールを手に入れたり、パーソンズの本田毅さんに憧れてシェクターのストラトキャスターを買ったりとか。

でも、そのおかげで憧れのギタリストに近づこうと一所懸命ギターを弾くようになったし、上達もしたわけです。

AC/DCのアンガス・ヤングが好きならSGを。
イングヴェイ・マルムスティーンが好きならストラトキャスターを。
キース・リチャーズが好きならテレキャスターを。

こういった選択方法もあるわけですね。

ただ言いたいのは、いずれにせよ、ギターを弾くモチベーションをずっと持ち続けていきましょう、と言うことです。

ネックの握りで選ぼうが、憧れのギタリストのモデルを選ぼうが、ギターを好きでいれば、ずっとギターを弾き続けるでしょう。

そうすれば、必ずギターは上達しますし、上達すれば、もっともっとギターが好きになって、更にギターが上達しますから。