「ギターパーツ・カスタマイズ」の記事一覧

ギターピック選びの悩み解消 ポイント4 しなり具合 ギターソロ編

ギターパーツ・カスタマイズ
アイキャッチ画像 ピックしなり具合 リードプレイ

ギターソロなど、リードプレイの際にはどういったピックがいいのでしょうか。ソフトやミディアムといった薄くてしなるピックの場合にはどういった傾向があるのでしょうか。また、ヘビーやエクストラヘビーといった厚くて硬く、しならないピックの場合はどうでしょうか。今回はその辺についてお話しします。

ギターピック選びの悩み解消 ポイント3 しなり具合 コードワーク編

ギターパーツ・カスタマイズ
アイキャッチ画像 ピックしなり具合 コードワーク

ピック選びに関して、形状も大事なポイントではありますが、ピックのしなり具合も大きく影響してきます。そして、しなり具合はそのギターの弦のテンションにも関わってきます。そういった色々な要素が複雑に絡み合って、ギターの弾きやすさに影響を与えるわけですが、今回はその辺のことをお話しします。

ギターピック選びの悩み解消 ポイント2 先端部の尖り具合

ギターパーツ・カスタマイズ
アイキャッチ画像 ピック先端部の尖り具合

今回は、ギターピックを選ぶ際のポイントをお話しします。人それぞれ好みの形状も違いますし、ピックに対する色々な考え方があると思います。そこで、僕がピックを選んだ際に、どういう考え方をしたのか、プレイアビリティにどう影響したのか、その辺をお話しします。

ギターピックアップがおかしい? そんな時はテスターで導通、抵抗値の確認です

ギターパーツ・カスタマイズ
アイキャッチ画像 テスターで導通、抵抗値の確認

ギターピックアップを購入した場合、それが中古であれ新品であれ、まずはテスターで導通、抵抗値のチェックすることをオススメします。いざギターに取り付けてみたら音が出なかった!なんてことのないようにしたいものです。テスターの使い方は簡単ですから、これをご覧になってチェックしてみて下さい。

空間系エフェクターをギターアンプにつなぐ場合はどうすればいいの?

ギターパーツ・カスタマイズ
アイキャッチ画像 空間系エフェクターをギターアンプにつなぐ

ギターアンプを歪みセッティングにする場合、つなぐエフェクターによっては注意が必要になってきます。どういったエフェクターに注意が必要になってくるのでしょうか。また、それを回避するためにはどうすればいいのでしょうか。今回はそういったことをお話しします。

ページの先頭へ