コード進行の基本として、メジャーダイアトニックコードとマイナーダイアトニックコードでのドミナントモーションについてお話ししました。

今回は、トニックへと進むコード進行であるケーデンスについてお話ししましょう。

ケーデンス(終止形)

ケーデンスは終止形と言い、そのコード進行がトニックに進むことによって、終止感や安定感を得るものです。

「終止」という名称ではありますが、その曲の最後の部分のコード進行を指すわけではありません。
あくまでもコード進行の一つとして使用されるだけですので、曲中のどこに使っても問題ありません。

ドミナントケーデンス

ドミナントコード(D)→トニックコード(T)
(ドミナントモーションがこれにあたります)

Cメジャーキーで言うと、G7→C△7(V7→I△7)となります。

サブドミナントケーデンス(メジャーキーの場合)

サブドミナントコード(SD)→トニックコード(T)

ドミナントモーションは、ドミナントコードの持つトライトーンの解決という強い進行感がありますが、このサブドミナントケーデンスは、それと比べると穏やかな流れとなります。
それは、サブドミナントコードはドミナントコードよりも不安定感が少ないからです。

サブドミナントケーデンスは、どちらかと言うとオシャレな印象でしょうか。
Cメジャーキーで言うと、F△7→C△7(IV△7→I△7)となります。

サブドミナントケーデンス(マイナーキーの場合)

もちろん、マイナーキーであってもサブドミナントケーデンスはあります。
それはIVm7→Im7となり、Aマイナーキーで考えると、Dm7→Am7です。

サブドミナント・ドミナントケーデンス(メジャーキーの場合)

サブドミナントコード(SD)→ドミナントコード(D)→トニックコード(T)

サブドミナントコードはドミナントコードへと進むことが多いのですが、そのドミナントコードはトニックコードへと進むことでトライトーンを解決したがる性質を持っています。
ですので、このコード進行はとても自然だと言えるでしょう。

それゆえ、例えばCメジャーダイアトニックコードにおいてのF△7→G7→C△7(IV△7→V7→I△7)という流れは、あらゆる楽曲でよく聞くことができます。

サブドミナント・ドミナントケーデンス(マイナーキーの場合)

マイナーキーの場合は、IVm7→V7→Im7です。
Aマイナーキーで言うと、Dm7→E7→Am7となります。

さて、以上のようなコード進行が基本ですが、必ずしもこれらの進行を守らなければいけないというわけではなく、逆の流れで使ってみてもOKです。

むしろ、基本は基本として、自分なりの応用で考えてみるとオリジナリティが出て来るものです。

コード進行の基本はありますが、それはあくまでも基本です。

もちろん基本と言うものは、長い間の積み重ねであったり、トライ&エラーの繰り返しによる研究の成果があってのものですから尊重すべきです。

しかし、慣れてきたらセオリーにとらわれず、色々なパターンを試してみましょう。
それがオリジナリティを生み出すことになるのですから。

循環コードとトゥーファイブ

循環コードとは、まさにそのままの意味で、いくつかの連結されたコード進行がセットとして繰り返されるものです。

有名なところでは、I△7→VIm7→IV△7→V7などがありますが、このIV△7の代わりにIIm7を使い、I△7→VIm7→IIm7→V7としたりします。
このコード進行は非常にポピュラーであり、前者を「イチロクヨンゴー」後者を「イチロクニーゴー」と呼びます。

Cメジャーキーでのイチロクヨンゴーとイチロクニーゴーは以下になりますので参考にしてください。

  • イチロクヨンゴー C△7→Am7→F△7→G7
  • イチロクニーゴー C△7→Am7→Dm7→G7

ちなみにイチロクニーゴーは、イチロクヨンゴーのヨン(IV△7)がニー(IIm7)に置き換えられただけです。

このDm7(IIm7)は、F△7(IV△7)の代わりに使うので代理コードと呼ばれるものです。
そして、このIIm7→V7(ニーゴー)という進行は、「トゥーファイブ」と呼ばれ、あらゆるジャンル、あらゆる楽曲で耳にすることができます。

そして、IIm7→V7→I△7というコード進行は「トゥーファイブワン」と言われたりします。

次にマイナーキーのトゥーファイブを考えてみましょう。

マイナーダイアトニックコードのサブドミナントコードはIVm7で、ドミナントコードはV7です。
ですので、サブドミナントコードをIIm7-5に置き換えるとトゥーファイブ(IIm7-5→V7)になります。

さて、極端なことを言えば、イチロクヨンゴーやイチロクニーゴーを延々と繰り返すだけで1曲書けてしまうのですが、まあ、これだけではちょっとシンプルすぎるかも知れませんね。

作曲においてよくあるパターンとしては、Aメロはこういった循環コードを使い、サビでトリッキーなコード進行を使うといったところでしょうか。