ギターの音質を左右する要素として、ネック材についてはお話ししました。
今回は、これも非常に重要なファクターであるギターのボディ材について考えてみましょう。

ギターボディ材の種類と特徴

まずは、ボディ材の有名どころとして、マホガニーが挙げられます。

マホガニーは、軽くて柔らかいという特徴があります。
それゆえ、音の特性としては甘くて柔らかい感じのニュアンスになります。
ギブソン系のギターのボディ材として知られていますね。

高域特性はあまり良くないのですが、その分、中低域の豊かなイメージはマホガニーならではのものがあります。
マホガニーネックとの相性もよく、その場合の音の太さと粘り感はとても気持ちいいフィーリングです。

ただ、アタックに欠ける部分がありますので、例えばレスポールのように、トップ材としてボディ表にメイプルを貼り付けることよりアタック感を出す、と言う方法があります。

また、他にも、メイプルネックと組み合わせることによってアタック感を出すことができます。

次に、アルダーです。

アルダーは、ストラトキャスターを始めとした、フェンダー系のギターによく使用されるボディ材です。
材の特徴として、割と軽く、比較的柔らかめということが挙げられます。

音の特徴としては、低音域から中音域、高音域までバランスよく出力してくれますので、使いやすいボディ材だと思います。
ヴィンテージギターの、いわゆる枯れた音なんていうのは、まさにこのアルダーですね。

そして、アッシュです。
アッシュと一口に言っても、ギターのボディ材で使われるのは主に2種類あります。

それは、スワンプアッシュとホワイトアッシュです。

スワンプアッシュは軽く、音の傾向としては低音域から中音域、高音域までをしっかりと表現してくれます。
特に高域特性が優れているので音の抜けが良く、あのパッキンパッキン感はたまりません。

低音域にパンチが無い、なんて言われることもありますが、僕としては十分にあると思います。
また、軽いことから、ライトウェイトアッシュとも呼ばれます。

そしてホワイトアッシュですが、これはとにかく重い!
それゆえ、低音域から中音域、高音域までとても良く出るのですが、特に低音域の押しがとにかく強いです。
ベースか!ってくらいに。
もっとも、その特性からベースのボディ材にもよく使われるんですけどね。

僕は以前、シェクターのストラトキャスターモデルを使っていたことがあるのですが、そのボディがこのホワイトアッシュだったんですよ。
とにかく重くて、とにかく低音域が出るギターでしたね。

なので、レコーディングにはとても重宝したのですが、あまりにも重くてライブは結構キツかったです。
我ながら、よくライブで使っていたと思います。

最後に、バスウッドについてお話ししましょう。

バスウッドは、割と最近になって使用されるようになった材で、アイバニーズのギターによく使われてますね。
非常に軽く、そして柔らかい材です。

音の傾向は、全帯域でフラットに出力してくれる感じでしょうか。
よくマホガニーに近い、とか、アルダー系の音だ、なんて言われますが、素直な音なので、エフェクターやアンプで自由な音作りが楽しめるでしょうね。

ボディとネックの組み合わせを楽しもう

ギターは、ボディとネックの色々な組み合わせが考えられます。

暖かく粘りのある音を望むなら、ボディもネックもそういう材で組み合わせてみる。

あるいは、アタックも暖かさも欲しいのであれば、アタックのあるネック材と暖かいボディ材を組み合わせてみる。

と言うように、出したい出音をイメージしておくと、理想の材を見つけることができるかも知れませんね。